【第155回】『コピーと半径3mの社会④松居大悟監督、クリープハイプとの出会い。』 阿部広太郎

2015年9月10日 22:20

大学のクラスメイトが映画監督になっていた。松居大悟監督との再会、ロックバンド クリープハイプとの出会い。映画のプロモーションをきっかけに、バンド活動全体のディレクションも。「関係性」を築くことこそ尊い。マツタケ(巻き込み、つながり、助け合いへ)実践の場として、BUKATSUDO講 座「企画でメシを食っていく」を立ち上げ。会社も、仕事も、立場もちがう。でも同じ志で繋がっている。そういう人を次々とつなげていける存在でありたい...。
―  走れば届く気がした。
阿部さんがコピーを書いている松居大悟監督、クリープハイプとの映画。映画「私たちのハァハァ」は9月12日 (土)公開(テアトル新宿他)です。http://haa-haa.jp/


アートワーク