2012年10月アーカイブ

言葉は必要とされている。紫垣樹郎が目指す、世の中をスッキリさせることとは。


高校最後の夏、1回戦敗退。紫垣樹郎が野球人生最大の失敗で得たもの。


模倣が教えてくれた。紫垣樹郎が考える、コピーが生まれてくるその背景の背景。


クライアントから学んだ。紫垣樹郎がこだわるコピーライターとしての原点。


リクルートで気づいた。紫垣樹郎は、なぜクリエイティブコンサルタントになったのか。