2012年11月アーカイブ

あらゆるものの価値観をもう一度見直したとき、玉山貴康が思う届く言葉。


オブラートに包まない。DVのむごたらしさを伝えるために玉山貴康が考えたこと。


年鑑コピーを書き写すといいことが3つある。そして玉山貴康が気になるもの。


32歳での転局、玉山貴康はどんどんコピーの世界にのめり込んでいった。


10年目にして転局試験。玉山貴康をクリエイティブに向かわせたきっかけは。


机の上で考えているだけじゃイメージは膨らまない。街へ出てこの人に伝えるにはどうしたらいいかを考えてみよう。


コピーライターとしての力をいかに身につけてきたか。中村禎が積んできたトレーニング方法とは?


溢れるコピーライター志望者の中で、どうして中村禎はコピーライターになるチャンスを掴めたのか?


営業職で広告代理店に入りこんだ中村禎が考えたコピーライター転身のための「作戦A」とは?