2015年2月アーカイブ

伝説のCMディレクター杉山登志さんとの出会い。
そしてコマーシャル・ソングと関わるようになったきっかけ。


アメリカンビューティーをお手本にしてきた化粧品が、日本語でものを言い始めた意図とは。そして重役の言葉。


コピーライターという仕事で資生堂にいた。社員として会社に忠誠をつくす、ということがわからなかった。そして石岡瑛子さんとの仕事。


いよいよ最終回!ナビゲーター蛭田氏も絶賛するコシモ流の「仕事との向き合い方」を伝える素敵なエピソード。