【第152回】『コピーと半径3mの社会①ALSは治せる病気だと証明したい。』阿部広太郎

2015年8月20日 20:30

2014年夏、アイスバケツチャレンジのバトンを受け取る。何も知らないまま参加することへの違和感から、バケツも被らず寄付もせずに、一冊の本を買う。「99%ありがとう ALSにも奪えないもの」。ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者、藤田正裕さんとの出会い。そして2015年、会社の垣根を越えて思いを同じくする仲間たちと、1本のCMをつくりあげた...。


アートワーク