ライフドクター長谷川嘉哉の転ばぬ先の知恵(旧:介護事業の知的創造コンサルティング)

ビジネス、勉強、マネープラン、介護、ライフワークバランス……
認知症専門医であり、経営者でもある長谷川嘉哉が人生を10倍豊かにする知恵をお届けします。
番組のご感想・長谷川嘉哉へのご質問はこちらから
http://brain-gr.com/podcast/

インタビュアー/ポッドキャストプロデューサー:早川洋平(キクタス) 制作協力/和金HAJIME

ライフドクター長谷川嘉哉が「ドクターによる、ドクターのための 正しい医療経営のススメ」を開始いたしました。
詳しくはPDFをご覧ください。
20150708.pdf

ライフドクター長谷川嘉哉が「ドクターによる、ドクターのための 正しい医療経営のススメ」を開始いたしました。
経済的な自由だけでなく、精神的な自由も手に入れられる番組です。


【経営やマネジメントは苦手? と思ったドクターの皆さん。】

皆さんの能力をもってすれば、経営やマネジメントは簡単です。
少なくとも、『経営やマネジメントは、診療よりは簡単です!』
経営やマネジメントが理解できると、会計事務所はわざと簡単なことを難しく説明しているのでは? と疑いたくなるほどです。そのために理解するには、適切な方法が必要です。
この番組は、医療法人ブレイングループが実践し、時には笑い、時には泣きながら構築した方法です。現在時間10万円の個別コンサルタントで提供している内容を余すことなくお伝えします。

詳しくは番組サイトをご覧ください。
http://braingr-ec.com/


これからの時代は「1人ひとつのNPO」による参画型社会の重要性を提唱されている、寺島実郎さん。講演でお話頂いた内容をご紹介しています。


長谷川が感動した三浦綾子さんの著書「夕あり朝あり」をご紹介。この本で描かれている、白洋舎の創設者:五十嵐健治氏のクリーニング業は、長谷川の先祖と繋がっていました。


困った市役所窓口について、困った介護認定の結果について、介護度3以上がなかなか認定されない困った現状についてお話しています。


親子で同じ道へ進み、会話が出来る...これって、とっても心地良いものです。


今回は、幸田真音さん著『大暴落ガラ』と、堺屋太一さん著『団塊のあと三度目の日本』をご紹介。どちらも指標となるような本です。


日本人が気づいていなかった江戸絵画の素晴らしさは、アメリカ人のジョープライスさんが発掘したのです。


平成29年3月より施行された改正道路交通法では、75歳以上の高齢者に関する内容が大幅に変更されました。


認知症予防には、どこに住んでどんな生活をしてどのように人と交流していくかが、とても重要だと思われます。


第207回「初めての採血」

2017年6月21日 07:51

6月は新社会人が少し慣れてきた頃でしょうか?今回は長谷川の研修医時代のお話です。


経営者は、専門外についてはプロの意見を素直に取り入れる態度が必要です。


ねんきん定期便の計算方法は50歳を境に変わる...皆さん、ご存知でしたか?


第204回「父の手紙」

2017年5月30日 22:30

長谷川が大学に合格した時、お祝いをいただいた方々に父親が出したお礼の手紙。手紙の内容と、それにまつわるお話です。


医療費控除の対象となる医療費は、目的が「治療」であるかがポイントです。