#41「『枠』からはみ出す」横尾忠則さん(美術家)

2019年2月 4日 00:00

今月のゲストは、美術家の横尾忠則さん。作品を描く場所とは?描く目的とは?展覧会において作品の展示方法は誰が決めているのかなどについてうかがいました。人生をアップデートしてくれるモノやコトをお届けするコーナー「Weekly Update」では、時代を振り返るのに最適な雑誌についてご紹介しています。


本物にだけ触れたい人のための会員制プログラム『Life Update Plus』で横尾忠則さんインタビュー完全版も配信中!※

番組では、トップランナー本人の肉声によるプレミアムトークと早川が国内外で取材した本当によいコンテンツだけを厳選してお届けする会員制プログラム『Life Update Plus』も連動して展開しています。
番組ではお届けしきれなかった横尾忠則さんのインタビュー完全版(約69分)もお楽しみ頂けます。

本物にだけ触れたい人のための会員制プログラム
Life Update Plus

※現在新規会員の募集はしておりません。これまでお届けしてきたインタビューの完全版については、今春スタート予定の新サービスにて引き続きお楽しみいただけます。詳細については今後本サイトでお知らせいたしますので今しばらくお待ち頂けましたら幸いです。


【横尾忠則さんインタビュー完全版の内容】

・愛用している健康アイテム
・横尾さんの創作スタイル
・コンセプトが嫌いなのはなぜか
・「在庫一掃大放出展」について
・ここ三年間でアップデートしたこと
・横尾さんが画家宣言をした日
・グラフィックと絵画の違いとは
・画家へ転向したときに経済とどう向き合ったのか
・横尾さん夫妻について 
・横尾さんの生き方の源泉はどこにあるのか
・絵を描くのにお気に入りの場所はあるのか
・芸術家の自己主張とは
・横尾さんにとって「書く」こととは
・仕事を受ける・受けないの判断基準とは
・直観と検証
・今までの人生で一番反復してきたこと
・横尾さんに内在する「幼児性」について
・横尾さんが最もインスパイアされた人
・死後の世界で会いたい人
・時代の寵児と言われたことについて
・コンセプチャルアートについて
・横尾さんのルールとは
・「自分らしく生きる」ことと「自分勝手に生きる」ことの違い
・この世とあの世の相対関係
・因果応報について
・もし今までの実績と絵を描くことすべてを失ったら



アートワーク

月別 アーカイブ