第439回北川八郎「嫌いな人のために祈ることで、心が浄化される」

2017年2月28日 00:00

日常生活に満ちる、愚痴、文句、嘆き、不平不満、怒りという5つの毒を乗り越えることができれば、平和観とおだやかさを得て健康になるという北川さん。5つの毒をとり、良き仲間と手を携え、喜びや励ましというプラスの面に目を向けるようになったとき、人生が変わるそうです。自分にとって嫌な人のために祈ることの意味についても教えていただきました。
不定期の新コーナー「中庭にはいつも面白い人がいる」ではコートヤード HIROOで収録したショートインタビューをお届けします。 今回のゲストは、ペインターでありアーティストの荻野綱久さんです。彼の父親は実はあの有名な片岡鶴太郎さん。父親との関わりや、2年前にミュージシャンからアーティストに転身した理由とは? 初回にふさわしい内容となったと思いますのでぜひお楽しみください。


アートワーク

月別 アーカイブ