第417回松本秀樹「魚で何を表現するかにシフトする」

2016年9月 8日 20:30

1切れ1000円の紅鮭などの高級な魚を扱う松本さんは、「一流の魚は、表面的な鮮度や美しさにまどわされない」と言います。本当にいい魚は誰が見てもわかるほど圧倒的なオーラを放つそうです。昔ながらの魚屋がどんどん減っていく中で、生き残るために松本さんが心がけていることとは?「魚屋は芸術」という言葉の真意にも迫りました。
「教えて早川さん」のコーナーでは「ヨガをどのくらいのペースで続けていますか?」という質問にお答えします。


アートワーク

月別 アーカイブ