「風船で宇宙を撮る」という分野では、日本のパイオニアである岩谷さん。資金もスポンサーもなく、マニュアルもない独学の開発だけに、誰にも認められない日々が続いたそうです。「何かを生み出せるのかという自信がまるっきりなかった」という彼が、成功するまで挑戦を続けられた理由とは? 「ヨイコトヨイモノ」のコーナーでは、早川洋平おすすめのアプリをご紹介します。


子どものころから、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクに憧れていたという岩谷さん。自分の作った物に囲まれて、好きなことをしている科学者・ドクを目指した彼は、やがて理想と現実のギャップに気がつくことになります。「教えて早川さん」のコーナーでは「Podcastの使い方を詳しく解説しているページを教えてください」という質問にお答えします。


今回のゲストは、小さな風船にカメラをつけて飛ばし、宇宙を撮影している岩谷圭介さん。著書には『宇宙を撮りたい、風船で。』があります。彼はどうして、風船で宇宙を撮影したいと思うようになったのでしょうか? スポンサーもつけず、マニュアルもない中、独自に挑戦した経緯をたどりました。今月の『BRAND NEW COSMOPOLITAN』からは、オーストラリアのバイロンベイで、隠れ家的なカフェ「Federal Doma Café」を経営しているシェフの倉本貴之さんと、早川洋平の対談音声の一部をお送りいたします。


アートワーク

月別 アーカイブ