第369回鈴木聡「芝居と仕事の相乗効果」

2015年7月10日 20:30

大学卒業時に、演劇の道を1度はあきらめ、博報堂で働き始めた鈴木さん。勤務しながら、劇団サラリーマン新劇「ラッパ屋」を立ち上げた経緯とは? 仕事と両立させるうえで「ぜったいに手を抜いていると思われたくなかった」という鈴木さんがしたこと。演劇をやることで仕事に与えたよい影響とは? 
「教えて早川さん」のコーナーでは、「仕事や趣味で始めたことに飽きることはありますか?」という質問にお答えします。


アートワーク

月別 アーカイブ