第352回関口一郎「至高の一杯を求めて」

2015年3月 6日 20:30

銀座の老舗喫茶店「カフェ・ド・ランブル」店主、関口一郎さんに、創業から今にいたるまでのエピソードを伺いました。終戦直後は、喫茶店をやるつもりは全くなく、映画館関係の会社を経営していた関口さん。彼が「カフェ・ド・ランブル」を始めたきっかけは何だったのでしょうか? 並々ならぬコーヒーへのこだわりも聞いてみました。今月の「BRAND NEW COSMOPOLITAN」では、ミラノから画家の清水哲郎さんと早川洋平の対談の一部をお届けします。


アートワーク

月別 アーカイブ